50代オッサンのBlog

酒好き、飯好き、旅行好きのオッサンが、楽しんだ事を気ままに書きます。

関西から大分へ! 1泊2日の観光旅行    ~その1~

 

 

昨年(2021年)12月初旬、母親と弟の三人で、大分県へ観光旅行に行きました。

 

新型コロナが収まっていたのと、11月に行く予定だった「秋田旅行」のリベンジでもあります。

 

「秋田旅行」の際は、家を出発したものの阪神高速の通行止めで、飛行機に間に合いませんでした。

 

その為、秋田へ行く事が出来ませんでした。

narayama9251.hatenablog.com

 

今回はJALのマイルは利用せず、ツアー(ヤフーパック)を利用しました。

 

ツアーの内容は、伊丹空港~大分空港間の航空運賃とホテルの宿泊費です。

 

今回利用した航空会社は全日空ANA)です。

 

伊丹空港7:50→8:50大分空港 ANA提携IBEX 3177便

 

宿泊先は、別府の「ホテルエール」のトリプルルーム(セミダブルベッド)です。

 

屋上には、海を一望できる露天風呂があります。

 

ホテルの地図はこちらです。

www.google.co.jp

 

一日目

 

朝6時に近鉄大和西大寺駅で集合し、大阪上本町駅へ向かいます。

 

ここからはリムジンバスに乗り、伊丹空港へ移動します。

 

今回は予定通りに伊丹空港に到着出来ました。

 

伊丹空港での楽しみは、お弁当です。

 

「日本の朝食弁当(淡路屋)」を購入しました。

 

時間が来たので、バスに乗り込み、飛行機へ向かいます。

 

今回の機材は、全面にデザインが施された「むすび丸ジェット」です。

 

むすび丸」と言うのは、仙台・宮城観光PRキャラクターだそうです。

 

最後尾の座席には、「むすび丸」が座っていました!

 

詳しくは、こちらです。

www.ibexair.co.jp

 

機内では飲み物のサービスがあり、「りんごジュース」を頂きました。

 

わずか1時間も掛からず、空の旅は終了です。

 

到着後、大分空港内を歩いていると、「おんせん県」のアピールがすごい!

 

ここからは、タイムズカーレンタル大分空港店へ移動して観光へ出発します。

 

今回のお供は、日産ノートです。

 

今日の夕方までのレンタルです。

 

観光プランは地図の通りで、全て回るかはその時次第と思っています。

 

先ずは、最初の目的地「杵築城」へ向かいます。

 

30分程で到着し、駐車場に車を停めて、歩いて行きます。

 

逆光の中に浮かび上がるお城の姿が見えて来ました。

 

正面に行くと、太陽を浴びたキレイなお城が現れました。

 

小ぶりなお城ですが、近くで見ると、なかなかの迫力です!

 

なぜか石垣は、カラフルです。

 

この後通り抜けた城下町は、白壁に統一され、時代劇の舞台のようでした。

 

次に向かったのは、「宇佐神宮」です。

一番北側の鳥居

 

全国に四万社あまりある八幡社の総本宮だそうです。

 

朱塗りの橋を渡って行くと、またもや鳥居が見えて来ました。

 

この鳥居を抜けると、右手に宝物館がありますが、臨時休館日です。

 

続いて、その向こうでは、御朱印が頂けるようです。

 

かなり広い境内で、上宮本殿まではまだ半分程度しか移動出来ていないようです。

 

ここから上宮本殿までは、階段を登って行く事になります。

 

しかし、手押し車を利用している母の為、階段を避けスロープを進む事にしました。

 

ぐるっと迂回して、上宮本殿の南側にあるモノレールを利用します。

 

車椅子用の通路を移動して行くと、下宮本殿が見えて来ました。

 

そこで、先に下宮本殿を参拝する事にしました。

 

三つの御殿が、一つの建物の中に並んでいます。

 

一之御殿 八幡大神応神天皇

二之御殿 比売大神

三之御殿 神功皇后

 

参拝後は、引き続きモノレールを目指します。

 

ようやくモノレールのある「南大門」へ到着しました。

 

目の前には、急こう配で登れない階段があります。

 

その階段の裏側にモノレールがありました!

 

呼び出しボタンを押すと、上からモノレールの乗車部分が下りて来ました。

 

これに乗り込み、上に向かって出発です。

 

下を見下ろすと、結構な高さです!

 

モノレールを降りると専用の通路が有り、進んで行くと上宮本殿の横に出ました。

 

そのまま上宮本殿の正面へと歩いて行きます。

 

ここでの参拝の仕方はちょっと変わっています。

 

二拍手ではなく、四拍手という事です。

 

先程の下宮本殿では、知らなくて二拍手しかしていませんでした。

 

参拝を終え戻っていると、先程の急階段を上から覗く事が出来ました。

 

写真ではわかりにくいのがちょっと残念です。

 

この後は、お昼が近づいて来たので、昼食へと向かいます。

 

耶馬渓」と「羅漢寺」は、時間的に無理なので今回は中止にします。

 

行き先は、「宇佐のマチュピチュ展望所」へ行く途中にある「道の駅いんない」です。

 

車に乗り込み、20分程走って道の駅に到着しました。

 

その中の「いしばし茶屋」という御食事処が目的地です。

 

店に入り、店員に案内されてテーブル席に着きました。

 

お客さんはあまり入っていません。

 

ビールを飲みたいところですが、運転があるので夕方までは我慢です。

 

このお店では、地元の料理として「唐揚げ」や「とり天」、「どじょう鍋」等がありました。

 

母親と弟は、メニューの中から「海老と地野菜の天丼」を選びました。

 

何にするか迷った挙句なぜか「とんかつ定食」を注文しました。

 

運ばれて来た時、なぜ地元の物を注文しなかったのかと後悔しました。

 

食後、「宇佐のマチュピチュ展望所」へ向かいます。

 

車でわずか10分程度の距離です。

 

ここでは、どんな絶景が見られるのか楽しみです。

 

到着すると展望所の下に観光マップがあるのを見つけました。

 

「宇佐のマチュピチュ展望所」の事も掲載されています。

 

この写真を見ると、期待薄になります。

 

本物の「マチュピチュ」へ行った事はないものの写真や映像で見て知っているからです。

 

実際に見た風景がこちらです。

 

何かが違うと言うよりか、残念です。

 

次の目的地は「龍門の滝」の予定でした。

 

ナビで調べると、駐車場から結構歩かなければならない事が判明。

 

母親の事と時間的な事も含め、中止して次へ進むことにしました。

 

その為、次の目的地である由布院へ向かいます。

 

移動する事約45分で湯布院の「金鱗湖」に到着です。

 

周囲の歩道を歩いて行くと、「天祖神社」に着きました。

 

境内には大きな杉の木があり、湖の中には鳥居がありました。

 

神社の対岸にお店を発見したので、次はそちらへ向かいます。

 

カフェやお土産物の店がありますが、結局、何も買わず次の目的地へ移動する事に。

 

次はいよいよ宿泊先の別府市です。

 

やまなみハイウェイ」という峠道を登って行きます。

 

すると、正面に「ゆ」という文字が見えて来ました!

 

草を刈りこんでいるのでしょうか、詳しくはわかってません。

 

そのまま進んで行くと、今度はフタコブラクダのような「由布岳」です。

 

展望台のような所があったので、急遽入ってみました。

 

「ゆふいん狭霧台」という所です。

由布院の街が一望

 

ここからも「由布岳」をキレイに撮る事が出来ました。

 

観光案内中のタクシー運転手の話を聞いていると、もっと良い撮影スポットがあると教えて貰えました。

 

由布岳は「豊後富士」と呼ばれ、もう少し進んだところからだと富士山の形に見えるそうです。

 

言われたままに進んで行くと、目印の自販機を見つけました。

 

車を降りて眺めると、先程までのフタコブラクダではなく違った形をしています。

 

富士山のような頂ですが、裾野まで見えていないのがちょっと残念です。

 

この後は、予定通り別府市へ向かいます。

 

別府ロープウェイ」は時間の問題でスルーして、「別府地獄めぐり」をする予定です。

 

地獄めぐりは、全部で7ヶ所あって、今日はその内の2ヶ所に行きます。

 

というのも、北側にあるその2ヶ所が他とは約3㎞も離れているからです。

 

その為、レンタカーのある時に回っておく必要がありました。

 

最初に到着したのは「血の池地獄」です。

 

ここで、「別府地獄めぐり」のチケットを購入します。

 

入場券は2日間有効なので、2日に分けて回るのにちょうど良くなっています。

 

価格は、高校生以上が¥2,000円です。

 

この冊子の中にチケットが有り、その地獄専用のチケットを入口で渡して入ります。

 

血の池地獄」のチケットを渡し、地獄の門をくぐり抜けて行きます。

 

中に入って行くと、かなりの湯気が立ち登っています。

 

源泉温度は66℃あるようです。

 

血の池地獄」と言うだけあって、赤みを帯びており、まさに血の色を思わせます。

 

次は、すぐ隣にある「龍巻地獄」を見に行きます。

 

入口に着くと、もうすぐ始まるので早く入って下さいと言われました。

 

こちらの地獄は「間欠泉」で、30~40毎に噴出するようです。

 

ちょっと離れたところにある観覧席に座り待っていました。

 

しばらくすると、ゴーっという音と共に噴出が始まり出しました。

 

近寄り過ぎると危ないですが、ちょっと近づいてみるとなかなかの迫力です。

 

今日の地獄2ヶ所を回り終え、本日の観光は終了です。

 

これから、レンタカーを返却してホテルへ向かいます。

 

~つづく~

 

関連するBlogはこちらです。

narayama9251.hatenablog.com

 

narayama9251.hatenablog.com

 

narayama9251.hatenablog.com

 

narayama9251.hatenablog.com